岩田バレエスクール

スクール出身者

岩田唯起子

6才より小倉礼子に師事。11才より岩田バレエスクールにて学ぶ。

1982年 東京新聞主催全国舞踊コンクールに入賞
1984年 第2回全日本バレエコンクール・ジュニアの部第3位受賞
1986年 (社)日本バレエ協会関東支部神奈川ブロック主催「シンデレラ」全幕の主役を踊る
1987年 (社)神奈川県芸術舞踊協会主催「くるみ割り人形」の主役を踊る
1988年 文化庁芸術家国内研修員に選ばれ、小林紀子バレエシアターにて2年間研修
第6回全日本バレエコンクールシニア部門第2位、IBM奨励賞受賞
1989年 (社)神奈川県芸術舞踊協会主催芸術祭公演「白鳥の湖」全幕の主役(オデット・オディール)の二役を踊る。
1990年 パリ国際ダンスコンクールにてファイナリスト
モスクワ舞踊アカデミーにてイリナー・スイロワに師事
1991年 (社)日本バレエ協会関東支部神奈川ブロック主催「白鳥の湖」全幕の主役を踊る。
1993年 第7回モスクワ国際バレエ・コンクールにて銀賞並びにチャイコフスキー記念特別賞受賞
1994年 村松賞受賞
文化庁芸術祭協賛公演「白鳥の湖」全幕の主役を踊る

ロシア国立ペルミオペラ・バレエ団、ウズベキスタン共和国タシケント・ナボイ記念劇場、タタルスタン共和国オペラ・バレエ劇場、ロシア国立チェバーン・オペラ・バレエ劇場に招聘され主役を踊る
1995年 (社)日本バレエ協会関東支部神奈川ブロック主催「シンデレラ」全幕の主役を踊る
(社)日本バレエ協会関東支部「バヤデルカ」の主役を踊る

ロシア・ペルミにて、ペルミ国立バレエ団に特別ゲストとして「くるみ割り人形」全幕・「ドン・キホーテ」全幕の主役を岩田守弘と踊る

(社)日本バレエ協会公演ヤングバレエフェスティバルで「ドン・キホーテ」「くるみ割り人形」「ダイアナとアクティオン」「眠れる森の美女」などを踊る

青山バレエフェスティバルで、「ドン・キホーテ」「ゼンツァーノの花祭り」などを踊る
2004年 都民芸術フェスティバル日韓合同バレエ公演「眠れる守の美女」全幕の主役を踊る
2005年 都民芸術フェスティバル日本バレエ協会公演「ドン・キホーテ」の主役を踊る
2006年 同公演「白鳥の湖」オデット・オディールの主役を踊る

他、ヒゴバレエ団沖縄公演「血の婚礼」の主役、ヴァレンティーノ・ダンスセンター公演「リーズの結婚」「カルメン」全幕の主役を踊る。

レパートリーとして「白鳥の湖」オデット・オディール、「眠れる森の美女」オーロラ姫、「くるみ割り人形」金平糖の精、「ジゼル」「シンデレラ」「リーズの結婚」のタイトルロール、「コッペリア」スワニルダ、「ドン・キホーテ」キトリなどの主役。

ザ・バレコン福岡・大阪・名古屋・東京・岡山・札幌の審査員。ヨコハマ・コンペティションの審査員、全日本バレエコンクール北九州市部地区予選の審査員を務める。

岩田守弘

岩田バレエスクールにて、父岩田高一に師事。

1987年 (社)日本バレエ協会主催、第6回全日本バレエコンクールジュニアの部第1位、文部大臣賞、東京都知事賞、東京新聞社賞、IBM賞受賞
1991年 ロシア国立モスクワバレエアカデミー舞踊学校(ボリショイバレエ学校)入学第4回USA国際バレエコンクール(ジャクソン)銅賞
(社)日本バレエ協会夏季定期公演にて最優秀賞

国立ロシアバレエ団入団
1992年 全ロシアバレエコンクール、アラベスク92(ペルミ)グランプリ及びミハイル・バリシニコフ賞受賞
1993年 第7回モスクワ国際バレエコンクール金賞
ギティス舞踊大学入学
1996年 ロシア国立ボリショイ劇場ソリスト
1997年 村松賞受賞
1998年 (社)日本バレエ協会主催サマースクール(一之瀬)講師。ダンスマガジン新人賞
2000年 グルジア、バランシン・チャキアーニ・バレエフェスティバル、グランプリ及び振付賞受賞
2001年 ロシア・キティス大学卒業、教師の資格を取得
2005年 NPOバレエ/アート振興会主催、ボンダレンコ&岩田守弘(岡山)において、サマースクール特別講師
ウクライナ共和国ハリコフ子供バレエ劇場バレエ団公演「チッポリーノ」に特別ゲストとして出演、チッポリーノ役で、新宿文化センターにて踊り、好評を博した。
2007年 「ルジマートフのすべて」の公演を新国立劇場、新国際フォーラムにて阿修羅を上演
この「阿修羅」と言う作品は、ルジマートフに特に依頼され岩田守弘が振付した作品で、ルジマートフのレパートリーの中に組み込まれ、今では世界各国で阿修羅は踊られ好評を得ている

ボリショイバレエ団のソリストとして活躍しながら、振付家としての第一歩を今年6月にボリショイ劇場にて、ボリショイバレエ団のソリストダンサーを使い、第1回公演を開催「魂」という新作を発表

その成果はロシア、モスクワの新聞、テレビで大きく報道され、世界でも類のない素晴らしいダンサーでもあり振付家として、ボリショイバレエ団に貢献できる、素晴らしい芸術家になると紹介される
2009年 ロシアのメドベ-ジェフ大統領がモスクワのボリショイ劇場で第一ソリストとして活躍する岩田守弘(1995年入団)に「友好勲章」を授与する大統領令を出す
授与の理由は、「日本ロシアの文化交流の発展に多大な貢献をし、ロシア芸術を広めた」
2010年 芸術選奨文部科学大臣賞を、「阿修羅」の振付及び「サタネラ」の演技で受賞
我が国芸術文化の向上発展に顕著な功績をあげた
2012年 ロシア・ウラン・ウデの国立ブリヤートオペラ劇場の芸術監督として就任
そして今後はフリーランスのダンサーとしての活動をしながら、ブリヤート劇場バレエ団で、舞台運営と振り付けや後進の育成に当たる

ページトップへ戻る